葉酸とは?病院でもおすすめされているけど、妊活に本当に効果あるの?

書類をチェックする女性

少子高齢化社会となっている現代ですが

共働きの拡大などもあり子供が欲しいけどなかなか出来ない家庭も多くなってきています。

そんな方たちは妊娠のための活動「妊活」を実施していることが多く、葉酸サプリが気になる方も多いですよね

そんな葉酸サプリに関する疑問を答えていきたいと思います。

葉酸とは

葉酸(ようさん)とは、ビタミンB群の一種で、ほうれん草のから発見されたことにより「葉酸」と名付けられました。

ほうれん草などの緑色の野菜や、納豆などの大豆製品などに多く含まれているビタミンB郡の一種です。

食品から摂取出来る葉酸を「天然葉酸」と言います。

天然と聞くと、体に良さそうなイメージがありますが、調理の過程で流出しやすく、体内で吸収し辛いデメリットがあります。

そのため厚生労働省は、サプリメントから摂取出来る「合成葉酸」の摂取を推奨しています。

1日400μgの葉酸を摂取しようと思うと、膨大な量の食品を摂取しないといけないので、サプリメントで葉酸を摂取したほうが効率的で確実なんですね!

妊活に葉酸が効果的な理由

葉酸は、日頃から摂取する沢山の栄養素の中でも妊娠に関しては重要な栄養素の一つと言えます

赤ちゃんを育てる上で大事な「母乳」「赤血球」を作る事を補助する働きもするので「造血ビタミン」とも言われています。

他にも、胎児や妊婦の細胞の生産や再生を助け、体の発育を促す働きがあります。

そのため、妊娠中や妊活中の女性が葉酸サプリを摂取することは、とっても大切なことなんです!

葉酸の効果

妊娠することがなかなか出来ない原因は様々と言われていますが

原因の1つと言われている「着床障害」に対して葉酸の摂取は効果があるとされています。

着床障害への葉酸

「着床障害」が発生する多くの理由は体の中にある子宮の環境が整っていないことが原因なので、子宮内膜を強化できれば着床しやすくなるのです。

そして子宮内膜の強化には葉酸が効果的なのです!

葉酸の『着床促進』や『着床後の受精卵の成長』に働きかける効果により、健康な胎児の妊娠に結びつきやすくなります。

いくら卵子と精子が受精しても、子宮内膜に定着する『着床』が成功しなければ、妊娠には至りません。さらに、着床後の受精卵の『成長』も正常に行われなければ、死産や障害を持った子が生まれる可能性も高まります。

葉酸は、着床を促すことはもちろん着床後の受精卵の成長にも関与するので、『健康な赤ちゃんを授かる』上で欠かせない栄養となります。

葉酸は貧血を予防してくれる効果がある

妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月頃まで葉酸を摂取することで、胎児の先天性奇形や染色体異常を防げるということは分かりましたね。

葉酸には胎児の先天性奇形などの予防以外にも、妊娠を望む女性や妊婦、産後や授乳中の女性に嬉しい貧血予防効果があります。

葉酸は別名「造血ビタミン」とも呼ばれているくらい、血液を増やす効果があるんです!

質の良い血液は、妊娠していなくても卵巣や子宮に質の高い栄養を届けるのに必用ですよね。

さらに、妊娠すると血液の量が水増しされるので、貧血に陥りやすくなります。

そして産後は、産後の肥立ちをサポートしてくれるんです。

授乳中は、母乳の生成を促し、母乳を通じて赤ちゃんに質の高い栄養素を届けることが出来るんですよ!

葉酸サプリの意味

妊娠時期の1日の葉酸の必要量は400μgとされており最高でも1000μgです。それ以上は過剰摂取となる為に注意するように多くの産婦人科や厚生労働省でも発表されています。

ちなみに、1日の食事から摂れる葉酸の量+サプリで400μgが必要という意味です。このことから殆どの葉酸サプリの1日の摂取量はその規定の量となっているものが殆どです。その為、サプリの裏側に記載されている用法用量はしっかりと守る必要がありますが、なかには守らない方もいる為に過剰摂取などの副作用の注意もあるとされています。

葉酸サプリを飲むタイミング

タイミング 効果
妊娠前(妊活中)から妊娠まで 着床促進や着床後の受精卵の成長に効果
妊娠初めから妊娠7週目まで 赤ちゃんの二分脊椎症などの先天疾患を予防
7週目以降から出産まで 妊娠中の貧血予防
産後から授乳中まで 産後の肥立ちが良くなる、母乳の生成を助けてくれる

妊活中

妊活中に葉酸を摂取することで、葉酸の造血効果により質の高い血液を造ることが出来ます。

質の高い血液は、卵子が受精卵になって成熟し、その受精卵を受け止めて子宮内膜を成長させるのに欠かせません。

さらに、着床してから出産するまでの赤ちゃんの発育にも、子宮を通して質の高い血液は“質の高い栄養”となって赤ちゃんに届けられます。

妊娠初期

妊娠初期(妊娠7週目まで)に葉酸を摂取しておくことで、赤ちゃんの二分脊椎症などの先天疾患を予防することが出来る他に、葉酸は妊娠中に陥りやすい貧血を予防してくれる効果があるんです!

産後から授乳中

妊娠中から継続して産後も葉酸を摂取しておくことで、葉酸の造血作用や細胞分裂を助ける効果などで、産後の肥立ちが良くなります。

さらに質の高い血液が造られるので、母乳の生成を助けてくれる効果もあります!

母乳にも葉酸が含まれるので、赤ちゃんにも良質な栄養素が妊娠中と変わらず届けることができます。

葉酸に副作用ってあるの?

葉酸は流出しやすく、体内に吸収し辛い「水溶性ビタミン」のため、過剰摂取の心配はほとんどありません。

しかし、サプリメントなどの「合成葉酸」を規定量より多く摂取してしまうと、亜鉛の吸収率低下や、ビタミンB12不足の発見が遅れてしまうなどの副作用があります。

葉酸サプリメントを服用する時は、必ず1日の規定量を守るようにしましょう。

宜しければお友達にシェアして下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です