妊活中は身体の冷えに注意!「温活」で妊娠しやすい身体を手に入れる3つの方法

身体が冷えてしまうことで、女性は妊娠しにくくなるってご存知ですか?

ただの冷え性が、子宮や卵巣に重大な影響を与えてしまうことがあるんです!

妊活中は、特に冷えを避けたい時期ですので、是非身体を温める「温活」をと取り入れることをおすすめします。

今回は、妊活中の冷えの影響と、温活の簡単な取りいれ方をご紹介いたします。

身体が冷えると妊娠率も低下する

妊活中の身体の冷えは大敵と言われていますが、どうして身体を冷やしたらいけないのかご存知でしょうか?

身体が冷えて血行が悪くなると、私たちの身体は、生命維持に必用な心臓などの臓器を優先して血液を送ろうとします。

そのため、心臓などに比べて重要ではない臓器である子宮や卵巣は、冷えによる影響を強く受けやすくなります。

では、どのような影響があるのでしょうか。

無排卵月経などのトラブルが起こる

子宮や卵巣は、血液によって栄養やホルモンが届けられます。

身体が冷えてしまうと、血液の流れが悪くなってしまうので、卵巣と子宮に十分な栄養が届けられず、栄養不足状態になってしまうんです!

そうすると、卵胞が上手く育つことが出来ずに、排卵できないなどのトラブルが起こりやすくなります。

着床しにくくなる

子宮には多くの血液が流れ込み、血液から栄養を吸収して、生理周期に合わせて子宮を厚くします。

こうすることによって、妊娠した時に胎児を包み込むことができるんです。

しかし、子宮に血液が送られなくなると、子宮内が十分な厚みを作る事ができなくなってしまいます。

子宮の厚みが足りないと、着床しにくくなるため、不妊の原因になってしまいます。

生理不順や子宮筋腫の原因になる

月々の生理は、前述した子宮内膜の厚みが、妊娠が成立しなかったことによって流れることで起こります。

しかし身体が冷えてしまうと、そもそも排出する子宮内膜が存在しなかったり、子宮内膜を排出する力が足りずに、上手く排出出来なくなります。

そうすることで、生理不順や子宮筋腫・卵管狭搾などの原因になってしまいます。

“温活”で心も身体も健康になる3つの方法!

身体が冷えることで、自律立神経が乱れやすくなるため、冬季うつやPMSの悪化などが起こりやすくなります。

寒い時期は常に体調が悪く、イライラしやすいという人は、冷えによって自律神経が乱れているのかもしれません。

基礎体温も上がりにくくなるため、妊娠に必用な卵子がそもそも排出されない「無排卵」を引き起こしやすくもなります。

そこで、妊活中こそ「温活」で身体の冷えを解消しましょう!

レッグウォーマーや腹巻などを着用する

暑い季節だと辛いですが、肌寒くなり始める秋の終わり頃から春の初めにかけて、レッグウォーマーや腹巻を着用するのがおすすめです!

腹巻は子宮や卵巣を直接的に温めることが出来ます。
レッグウォーマーは、血が戻りにくい足先の血行を良くすることができます。

また、寝る時にレッグウォーマーを付けて素足で寝ることで、深部体温を上げて質の高い睡眠を手に入れることが出来ますよ!

冬場に起きたら肩がこっている人や、疲れが取れにくいという人は、是非試してみてくださいね♪

コーヒーなどのカフェインの摂取を減らす

家事や仕事の合間、食事の後のコーヒータイムを楽しみにしている方は多いですよね。

しかし、カフェインには利尿作用が強く、排尿と同時に身体を冷やしてしまうと東洋医学では考えられています。

また、カフェインは交感神経を活発化させるので、ストレスを多く感じている人や、自律神経のバランスを崩しやすい人は、摂取頻度を減らす必要が有ります。

カフェインは「身体を冷やす」とよく言われますが、カフェインには血行を促進して脂肪を燃焼する効果もあります。

一概にカフェインは身体を冷やすから、妊活中は良くない!とは言えません。

1日1~2杯程度であれば、利尿作用も強く働かないので、身体を冷やすことはありません。

コーヒーや紅茶などを摂取する機会が多い人は、カフェインの摂取回数を減らしてみましょう!

40度以下のぬるま湯にゆっくり浸かる

忙しい時は、シャワーで入浴を済ませるという人が多いと思います。
また、寒い季節は43度くらいの高温のお湯に浸かりたいですよね。

しかし、どちら身体を冷やしてしまう原因になるんです!

40度以下のぬるまゆに20~30分程度じっくり浸かることで、身体の芯から身体を温めることが出来ます。

寒い季節は暑いお湯に浸かりたいと思いますが、熱いお湯は身体の表面しか温めることが出来ず、湯冷めしやすいんです。

40度以下のぬるま湯なら、身体の芯まで温めることが出来るので、湯冷めしにくく、睡眠の質が上がるんですよ!

妊活中は、季節を問わずにぬるま湯に20~30分浸かるようにしてくださいね!

まとめ

妊活中に身体を冷やすことで以下のようなトラブルが起こる可能性があります。

  1. 無排卵月経などのトラブルが起こる
  2. 子宮内膜の厚みが足らず、着床しにくくなる
  3. 生理不順や子宮筋腫の原因になる

これらの要因は不妊の原因になるため、妊活中は避けたいですよね!

そこで、身体を温める「温活」を妊活中に取り入れることで、子宮や卵巣にも質の高い血液を届けることが出来るんですよ!

  • 腹巻やレッグウォーマーを着用意する
  • コーヒーや紅茶などのカフェインの摂取を減らす
  • 40度以下のぬるま湯に20~30分浸かる

この3点を妊活中に取り入れてみてください!
1~2ヵ月後には、きっと変化を実感できますよ♪

宜しければお友達にシェアして下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です