妊活中におすすめのお茶は「ルイボスティー」卵子の老化を防ぐ!妊娠中におすすめのルイボスティーの効果は?

妊活と言えばルイボスティー」と呼ばれるくらい、ルイボスティーは妊活中の方におすすめなんです。

なぜならルイボスティーには妊活に欠かせない効果がたくさんあるんです!

今回は、妊活にルイボスティーをすすめる理由と、ルイボスティーにおすすめの飲み方をご紹介いたします。

ルイボスティーってどんな飲み物?

「ルイボスティー」は、南アフリカの限定された一部の地域にのみ自生している、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥させて作られたお茶です。

ルイボスティーには、人間の老化の原因と言われている「活性酵素」を、強力な抗酸化成分で除去することが出来ます。

活性酵素を除去することにより、身体を若々しく保つ事ができるため、原産地の南アフリカでは長寿になると言われています。

そんな強力な抗酸化成分を含むルイボスティーですが、美容や健康以外に、妊活にも良い影響をもたらしてくれるってご存知ですか?

それでは、ルイボスティーによる妊活の効果をご紹介いたします。

 

ルイボスティーが妊活に良い理由

「ルイボスティー」は、南アフリカの一部の地域にのみ自生している、「ルイボス」というマメ科の植物の葉を乾燥させたお茶です。

歯を茶色くしてしまう「タンニン」の量が少ない事から、女性を中心に人気のあるハーブティーです。

美容に良いというイメージのあるルイボスティーですが、実は男女の不妊に効果があるってご存知ですか?

ルイボスティーが妊活に良い理由をご紹介いたします!

ストレスの緩和

女性は様々なストレスに過敏に反応してしまい、女性ホルモンのバランスを崩してしまいやすいですよね。

ルイボスティーには、麦茶とは比べ物にならないくらいのミネラルが豊富に含まれています。

豊富なミネラルによって、イライラを緩和させるカルシウムと、カルシウムの吸収を促してくれるマグネシウム2つ同時に摂取出来るんです!

また、ルイボスティーはノンカフェインなので、寝る30分程度前に暖かいルイボスティーを飲むことで、心が安らいで安眠効果もあります。

睡眠の質も女性ホルモンに影響するので、ストレスや睡眠の質に悩む妊活女性にルイボスティーはとてもおすすめなんです!

リラックス作用で心を落ち着かせる

ルイボスティーには、心を落ち着かせる作用があります。
これは、神経を落ち着かせる「カルシウム」と「マグネシウム」などのミネラルがバランス良く含まれているからなんです!

妊活中は、早く子供を授かりたいという焦りや、思うようにいかないイライラが溜まってしまうがち。

就寝前にルイボスティーを飲むことで、リラックス効果から安眠効果も得ることができますよ!

女性は子宮をフカフカに、男性は精子の質を良くする

ルイボスティーには、麦茶と比べ物になやない量のミネラルが豊富に含まれているとお話しましたが、ミネラルは妊活するなら男女ともに摂取しておきたい「亜鉛」を含んでいるんです!

亜鉛はミネラルの一種で、エストロゲンとプロゲステロンに強く働く効果があるため、女性ホルモンを整え、排卵をスムーズにし、子宮をフカフカにすることが出来ます。

また男性の場合は、亜鉛の効果によって、男性ホルモンの素となるテストステロンの生成を促すことが出来ます。

男性もルイボスティーを飲む事で、精子の質や性欲の向上効果が期待出来るんですよ!

卵子と精子の老化を抑える

老化の原因と言われている「活性酵素」は、お肌や髪質の老化だけでなく、卵子や精子も老化させてしまいます。

卵子と精子の老化は、不妊の原因になりやすく、胎児のダウン症や自閉症の原因にもなります。

しかし、加齢による老いを止める手段は、残念ながら存在しません。
そこで、ルイボスティーに含まれる酵素が効くんです!

ルイボスティーに含まれる「酵素」には、活性酵素の働きを抑える強力な抗酸化作用を持っているんです。

この働きにより、卵子と精子の老化を抑えることができます。

男性不妊の原因!「亜鉛不足」を解消できる

男性不妊の原因の一つに、「亜鉛不足」が挙げられます。
亜鉛は、精子を作る材料となるため、精子の数や運動率などの「精子の質」に大きく関係してくる栄養素なんです。

牡蠣などに亜鉛は多く含まれますが、毎日食べるのには無理がありますよね。
サプリメントから摂取することもできますが、ルイボスティーなら自然由来のお茶から亜鉛を摂取することができます!

ルイボスティーには、ミネラルと同時に亜鉛もバランスよく含まれています。

毎日のティータイムにルイボスティーを飲むことで、日々不足しがちな亜鉛を摂取することができますよ!

子宮内膜を厚くする

ルイボスに含まれる「アスパラシン」などの成分は、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」と同じ作用があります。

このエストロゲンは、女性らしい丸みのある体を作る作用以外に、受精卵の着床を助けるために、子宮内膜を厚くする働きがあります。

フカフカの子宮内膜は、赤ちゃんを迎えるのに必用な環境なので、妊活中の方は、ルイボスティーで子宮の環境を整えることができるんですね!

毛細血管を丈夫にして冷えない身体作りができる

ルイボスティーには、毛細血管を丈夫にしてくれる、「Tie2(タイツー)」と呼ばれる活性酵素が含まれています。

毛細血管の細胞は、加齢によって減少していきますが、ストレスなどでも傷つき、無くなってしまうことがあるんです!

毛細血管は、私たちの身体にある血管の99%を占めており、身体中に血液を届ける重要な役割を担っています。

この毛細血管が傷つくことで、血の巡りが悪くナチ、身体の冷えが悪化してしまうんです。

そこで、ルイボスティーを飲むことで毛細血管を修復し、丈夫にすることができます。

ストレスを感じることが多い人は、濃い目にルイボスティーを煮出すと、このTie2(タイツー)をより効果的に摂取することが出来ますよ!

ルイボスティーのおすすめの飲み方・飲むタイミング

美容と健康のために、日々のティータイムにハーブティーを楽しんでいる女性も多いのではないでしょうか。

実はこのルイボスティーは、スーパーなどでティーバッグが売られているので、手軽にどこでもティータイムを楽しむことができるんです!

それでは、ルイボスティーのおすすめの飲み方と、飲むタイミングをご紹介いたします。

おすすめの飲み方

ここでは、手軽なティーバックでの飲み方をご紹介いたします。
ルイボスティーが、煮出し時間やお湯の温度によって味が変わるため、ポイントを抑えて抽出することで、おいしいルイボスティーを楽しむことができますよ!

<おいしいルイボスティーの淹れ方>

  1. 水と茶葉を鍋に入れて沸騰させます。
  2. 沸騰後、弱火にして10~15分煮出します。
  3. アイスで飲む場合は、茶葉を入れた状態で冷やします。

ルイボスティーは、紅茶を飲みなれない人からするとツン!と刺激のある味に感じることがあります。

その場合は、ミルクをお好みの量を加えて飲むミルクルイボスティーがおすすめです。

寝る30分前くらいに、あたたかいミルクルイボスティーを飲むことで、安眠効果が得られますよ!

はちみつを加えると飲みやすくなる!

ルイボスティーには、独特な苦味があります。
慣れれば特に感じにくくなるのですが、初めてルイボスティーを飲む溶きは、はちみつを加えると飲みやすくなります。

甘いのが苦手な方は、少し牛乳を加えると、まろやかになります。

オレンジやゆずなどの柑橘系の果汁を加えることで、一風変わったルイボスティーを楽しむこともできますよ!

あなたのお気に入りのアレンジルイボスティーを、見つけてみてくださいね♪

就寝前やリラックスタイムにおすすめ

ルイボスティーには、リラックス効果が強いため、就寝前やリラックスしたい時に飲むのがおすすめです。

<ルイボスティーを飲むタイミング>

  • 生理前の寝付きにくい時期や、眠りが浅い時期
  • イライラや不安を感じる時
  • 就寝前のリラックスタイム
  • 家事や仕事の休憩時 等

ティータイムにコーヒーを楽しむ人も多いですよね。
しかし、コーヒーにはカフェインを多く含むので、1日2~3杯程度にとどめておく必用があります。

ルイボスティーがノンカフェインでリラックス効果が高いため、コーヒーの変わりに楽しむと良いですね♪

まとめ

ルイボスティーは、妊活に最適な効能を多く含んでいます。
女性だけでなく、男性にも嬉しい効果があるので、夫婦のティータイムに一緒に楽しむのがおすすめですよ!

ルイボスティーによって得られる妊活の良い効果は・・・

  1. リラックス効果
  2. ストレスの緩和
  3. 子宮内膜を厚くする
  4. 女性は子宮がフカフカになる
  5. 男性の亜鉛不足を解消する
  6. 精子と卵子の老化を抑える
  7. 毛細血管を修復・丈夫にして冷えを防止する

煮出し時間やお湯の温度でルイボスティーの味は変化します。
ルイボスティーに含まれる成分をじっくり抽出するためにも、沸騰したての熱いお湯で10分蒸らすようにしましょう。

夫婦のティータイムや、就寝前のリラックスタイムに、是非ルイボスティーを楽しんでくださいね♪

宜しければお友達にシェアして下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です