タイミングが重要!?妊活は何歳から始めるのベスト?

有名人が実際にしたことで、全国的に知られるようになった「妊活」という言葉。

妊娠しやすい体づくりに努め、積極的に子づくりに励むことを言いますが、妊活はいつから始めれば良いのでしょうか。

一般的に年齢で線引きされる妊活を始めるタイミングですが、年齢以外に様々な要因を基準にすることができます。

今回は、妊活を始める時期についてご紹介いたします。

妊娠に適した年齢とは

「妊娠・出産は奇跡」といよく言われていますが、この言葉は生命の誕生の尊さを比喩した言葉だけではありません。

人間には、妊娠に適した年齢があります。
適した年齢が最もホルモンバランスが安定していて、妊娠しやすい年齢と言われているんです。

<年齢別の妊娠率>

  • 25歳:25~30%
  • 30歳:25~30%
  • 35歳:18%
  • 40歳:5%
  • 45歳:1%

上記の数値を見て分かるように、最も妊娠しやすい年齢は20代~30第前半ということがわかります。

年齢を重ねるごとに妊娠率が下がっていくのは、卵子の老化が原因と言われています。

進む卵子と精子の老化

私たちが年齢を重ねるごとに、体だけでなく卵子も同様に少しずつ老化していきます。

よく「35歳を過ぎたら急激に卵子が老化する」と言われていますが、これは間違いです。

卵子は、年齢と同じように長い年月をかけて徐々に老化していきます。

また、卵子と同様に精子も年齢を重ねるごとに老化し始めてきます。

精子は常に新しい精子が作られるため、老化しないという誤解を抱いてしまいがちですが、男性の場合は40歳以上になると、30代の時と比べて妊娠率が2/3にまで減少してしまいます。

このことから分かるように、精子も卵子同様に年齢を重ねると老化していくんですね。

妊活は何歳から始めたら良いの?

これらの統計から考えると、女性は妊娠率の高い20代~30代前半、男性は40歳に入るまでに妊活を始めるのが良いでしょう。

しかし、これは年齢だけで見た話です。
妊娠とは命を授かることです。
その命を健やかにはぐぐめる環境も、同様に整える必要があります。

では、年齢以外ではどのようなことを基準に妊活を始めれば良いのでしょうか。

子供を育てられる収入があるかどうか

子供を育てるには、お金がかかるものです。
必要な教育を受けさせることや、突然の病気や障害などの不測の事態も視野に入れて考えると、子供一人を成人するまで育てた際にかかる必要な1,000万円を裕に超えると言われています。

お金を稼ぐには、まずは仕事をすることです。
今の仕事を十年、二十年と続けることができるのか。
共働きか、そうでないのかなど、仕事とお金のことをよく考えるのも、妊活を始める基準になります。

住環境

学校や保育所・幼稚園、病院やスーパーなどが近くにあるのかなどは、子供を二十年近く育てていくことを考えると、どれも大切な基準となります。

また、治安の良し悪しは子供の生命や友人関係などにも影響してくるため、よく調べてみましょう。

一人でも養えるかどうか

ストレスは妊活をする上でできるだけ避けなければいけませんが、経済的な理由で多くの人が働く必要があります。

しかし、子供が生まれても今の仕事を続けることができますか?
保育所はどの地域もすぐに入れることは稀で、急いで復帰したくてもできないことも考えられます。

また、夫婦どちらかがケガや病気・死亡などで収入の一部が途絶えてしまっても、夫婦のどちらかでカバーできるのか確認しておきましょう。

余談にはなりますが、生命保険や医療保険などの確認も同時に行っておくと安心です。

まとめ

妊娠するのに必要な精子と卵子は、年齢を重ねるごとに徐々に老化していきます。
女性は35歳以上で、男性は40歳以上で妊娠率が低下していることが分かっています。

年齢的なことだけで妊活を始める時期を判断するなら、女性は20代~30代前半、男性は40代に入る前に妊活を始めたほうが良いでしょう。

<妊活を始める基準>

  1. 女性は20~30代前半、男性は40歳まで
  2. 子供を育てられる収入があるのか
  3. 住環境は整っているか
  4. 一人でも養えるか

年齢だけで妊活を始める時期を判断してしまいがちですが、年齢以外にも様々な視点から子供を育てることができるのか、今一度確認してみましょう。

宜しければお友達にシェアして下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です